地域生活交通再生ミッショナリー育成・活動事業(八戸市緊急雇用創出事業)

Topics

1 / 41234
2016/04/01

モビセン閉館のご案内

昨日、平成28年3月31日をもちまして
「八戸中心街ターミナルモビリティセンター」通称「モビセン」は閉館いたしました。
中心街の「ど真ん中」に「バスの総合案内所」をオープンしたのは平成22年10月でした。
「ただの案内所」でも、中心街にあるという点で全国的に稀有な事例でしたが、モビセンは案内のみならずモビリティ・マネジメントの考え方に基づいた様々な利用促進策を実施していく拠点として機能してきました。その意味では、おそらく国内では他に類を見ない重要な施設でした。
小学校での出前講座、中学3年生に配布する高校への通学カタログ、路線別の時刻表、バスパック、バスパックを活用した体験会、バスさんぽ、バス利用者の方の乗り降りをお手伝いするアテンダントなどなど、たくさんの取組みを行ってきました。
その中の一部は、すでにより発展した形で受け継がれ、浸透し、八戸の地域に「きちんと残って」おります。
それらはすべて、本当に多くの方のご協力と理解、お知恵によって実現できたものです。
これまでモビセンを利用いただいた約55,000人のバス利用者の方々、八戸市都市政策課さん、バス会社さんをはじめとした交通関係のみなさま、様々な利用促進活動を推進している企業・団体等のみなさま、観光・ホテル・各施設関係のみなさま、中心街、三日町商店街三栄会のみなさま、そして、これまでに窓口案内を中心に様々な企画や取材、ツールづくりに日々励んでくれた延べ19名のスタッフのみんな。
簡易な場で申し訳ございませんが、改めて深く深く感謝を申し上げます。
さて、八戸の中心街でのバス案内・各種切符の販売は引き続き「はちのへポータルミュージアムはっち」の窓口で行われますので、ご安心ください。
また、八戸での「様々なバス利用促進」はこれからもより発展しながら続いて行くことと思いますので、引き続き皆さまのお力添えをいただければ幸いです。

重ね重ね、長い間ありがとうございました。

2016/03/09

「八戸中心街ターミナル・モビリティセンター」閉所のお知らせ

拝啓
時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
八戸中心街ターミナル・モビリティセンターは平成22年の開所以来、バスを利用する方を中心として、観光でいらした方、高校生の方など、たくさんの方々にご愛顧頂いて参りましたが、諸般の事情により平成28年3月31日をもちまして閉所する運びとなりました。

皆様の長年にわたるご厚情に心から感謝申し上げますと共に、突然の閉所でご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げる次第でございます。

4月以降の中心街での公共交通案内については、「八戸ポータルミュージアムはっちインフォメーション」が引き継ぎますので、お気軽にご利用ください。

略儀ではございますが、まずは公式HP・ブログ・facebookにおきまして閉所のお詫びとご挨拶を申し上げます。なお、関係者の皆様には、別途文書にてご案内させていただきます。

皆様の今後のご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。
敬具

八戸中心街ターミナル・モビリティセンター  スタッフ一同 
運営主体)一般社団法人北海道開発技術センター東北事務所 一同

◆本件についての連絡窓口
北海道開発技術センター東北事務所 担当:関下
TEL:0178-20-9150

2015/09/30

今年もやります!激安!ほろよい&すっきり回数券

いよいよ明日から10月!
そうです。
『八戸横丁月間 酔っ払いに愛を』の季節がやってきました。

モビセンでは、
この中心街での『酔っ払い期間/お楽しみ期間』を応援するために
とてもお得なバス回数券『ほろよい&スッキリ回数券』をご用意しました。
この機会に、マイカーをちょっとお休み&まちを満喫&バス利用 をしてみませんか?

<ほろよい&スッキリ回数券 概要>
【販売期間】平成27年10月1日(木)~11月5日(木)
【使用期間】平成27年10月1日(木)~11月5日(木) (販売期間と同じ)
【料   金】1冊300円(バス運賃600円分の回数券→つまり50%OFF!)
※朝用300円分、夜用300円分
※限定300枚!
※お一人さま3枚まで

【利用可能時間】朝用:始発から朝9時までに降車する便/夜用:20時以降に降車する便
【利用区間】八戸市内のみ(うみねこ号、いさば号、シルバーフェリーシャトルバスを除く)
【販売場所】八戸中心街ターミナルモビリティセンター(モビセン)

<こんな使い方ができます>
・バスがある時間を目安にお酒を飲んで”ほろよい”気分でバスで帰宅。翌朝”スッキリ”通勤。
・バスで”スッキリ”通勤。夜は職場の仲間や友人と軽めの1杯。”ほろよい”気分でバスにゆられて帰宅。

<ご利用上の注意>
・南部バスをご利用の場合、八戸市外にまたがるご利用はできません。
・十和田観光電鉄バスではご利用できません。
・高校生以下の学生は購入できません。

また、10月13日(火)~10月22日(木)は、『県下一斉ノーマイカーデー』です。
(お酒だけでなく…)健康づくりのきっかけにも、『ほろよい&スッキリ回数券』を利用してみてください。

【お問い合わせ】
八戸中心街ターミナルモビリティセンター(モビセン)
八戸市三日町14-2 青山テラス1F  (0178)-20-9150

※現在、チラシPDFのアップロードができなくなっております。近日中に改めてUPいたしますので、しばらくお待ち願います。申し訳ございません。

2015/08/20

★8.28『博物館・史跡根城の広場バスパック』販売記念体験会開催!

8月28日(金)から販売開始となる『博物館・史跡根城の広場バスパック』
この販売を記念して、どのバスパックシリーズでも好評をいただいている体験会を開催します。

【日 時】
 8月28日(金) 09:30(集合)~14:00ごろ(解散)
【参加費】
 2,400円(バスパック料金300円・博物館150円・八幡馬絵付体験1,200円・昼食代750円)
【特 典】
 博物館/学芸員による常設展示と特別展の解説
 史跡根城の広場/ボランティアスタッフによるガイド・根城カフェ限定ランチ(ソフトアイス付)
【申込・お問合せ】
 モビセン 0178-20-9150
【申込締め切り】
 8月26日(水)12:00 ※定員(15名)になり次第締め切ります。

※行程などの詳細は、コチラ(モビセンブログ)をご参照ください!

2015/08/20

★8.28『博物館・史跡根城の広場バスパック』販売開始!★

7月の「是川縄文館バスパック」に続き、「博物館・史跡根城の広場バスパック」の販売が決定しました!
好評の「櫛引八番宮国宝館バスパック」とあわせると、「歴史シリーズ三役揃い踏み」といった感じです!!
ぜひ、お得なバスパックを利用して八戸・南部の歴史に触れてみてください。

****バスパックの概要*************
◆八戸中心街から行く!「まち発パック」
【パック内容】
 ・中心街⇔根城(博物館前)間の路線バス往復乗車券
 ・博物館・史跡根城の広場の観覧料が半額になる割引券
 ・バスパック専用時刻表
【料    金】
 ・バスパック販売額(往復バス運賃分)300円
 ・観覧料(通常の半額)は現地にてお支払ください。
【バスアクセス】
 ・中心街のバス停から10分間隔で路線バスが運行しています!
 (とっても便利!)

◆八戸駅から行く!「八戸駅発パック」
【パック内容】
 ・八戸駅⇔根城(博物館前)間の路線バス往復乗車券
 ・博物館・史跡根城の広場の観覧料が半額になる割引券
 ・バスパック専用時刻表
【料    金】
 ・バスパック販売額(往復バス運賃分)400円
 ・観覧料(通常の半額)は現地にてお支払ください。
【バスアクセス】
 ・八戸駅前から20分間隔で路線バスが運行しています!
 (こちらも便利!)

※観覧料割引について
・「博物館」と「史跡根城の広場」のどちらかのみ観覧の場合
 通常料金一般250円のところ、120円に!!
  (特別展期間中は特別展料金の半額)
・「博物館」と「史跡根城の広場」の両方を観覧の場合
 通常料金一般400円のところ、200円に!!
 (特別展期間中は特別展料金の半額)

◆販売箇所
【中心街周辺】
 八戸中心街ターミナルモビリティセンター(モビセン) 0178-20-9150
 八戸ポータルミュージアムはっち 0178-22-8228
 スマイルホテル八戸 0178-43-7711
 八戸グランドホテル 0178-46-1234
 八戸リッチホテルミッドタウン 0178-46-2580
【本八戸駅周辺】
 ホテルルートイン本八戸駅前 0178-71-2511
【八戸駅周辺】
 はちのへ総合観光プラザ 0178-27-4243

◆問い合せ
【バスパックについて】
 モビセン 0178-20-9150
【博物館・史跡根城の広場について】
 八戸市博物館 0178-44-8111
 史跡根城の広場 0178-41-1726
【バス運行について】
 八戸市交通部旭ヶ丘営業所 0178-25-5141
 南部バス(株)八戸営業所 0178-44-7111
****************************************


2015/07/02

★是川縄文館バスパック販売開始★

好評をいただいている八戸のバスパックシリーズ。
実は、このシリーズの「はしり」が「是川縄文館バスパック」なのですが、
この度、7月1日よりリニューアル販売が実現しました。!
八戸のバスパックシリーズの歴史の原点がここにある
そして、八戸の歴史の原点が「是川縄文館」にある

ということで、いろいろな歴史を体感しに、ぜひともご利用ください。
(個人的な感想ですが、縄文館の”土偶たち”…とってもかっこいいです)

詳細は、モビセンブログ八戸公共交通ポータルサイトをご参照ください!

2015/07/02

7月13日!27日!!櫛引八幡宮国宝館バスパック体験会「八戸歴史巡りと八戸酒類酒蔵見学会」

いつも好評をいただいておりますバスパックの体験会。
今回は、より多くの方がご参加できるよう、「2回」開催することにいたしました!
それでも、すぐに定員に達してしまう可能性もございます。
ぜひお早めにお問合せ・お申込ください!!

◆募集要項————————-
【開催日】
 平成27年7月13日(月)、7月27日(月) の2回開催
【定 員】
 各回 定員10名(最小催行人数5名)
 ※定員に達しましたら申し込みを締め切らせていただきます。
【対 象】
 大人(20歳以上)
【参加費】
 2、250円
 ※参加費に含まれているもの
  :バスパック代/昼食代/安藤昌益資料館入館料/往復バス運賃/お茶代
【参加特典】
 ①安藤昌益資料館の解説付き見学
 ②八戸酒類酒蔵見学&試飲
 ③櫛引八幡宮による特別ガイド
 ④そば処「もりき」見学会用特別メニューのそば
【お申し込み方法】
 八戸中心街ターミナルモビリティセンター(モビセン)まで、お電話または窓口にて承ります。
 ご連絡の際は対応スタッフにお名前、ご連絡先、参加人数、参加希望日をお伝えください。
 →八戸中心街ターミナルモビリティセンター ☎(0178)-20-9150
【申し込み締め切り】
 平成27年7月10日(金) 16時まで

◆見学会行程————————-
9:40  モビリティセンター集合(オリエンテーションとバスパックの購入)
9:50  安藤昌益資料館見学(ガイド付き)
10:25 八戸酒類(株)八鶴工場見学(ガイド付き・試飲あり)
11:45 八戸中心街ターミナル⑤番(六日町)バス停乗車
12:04 一日市通バス停到着 
12:10 そば処『もりき』にて昼食
13:06 一日市通バス停乗車
13:07 櫛引八幡宮前バス停到着
13:20 櫛引八幡宮・国宝館見学(ガイド付き)
14:20 萬榮堂で休憩・お買い物
15:07 櫛引八幡宮前バス停乗車
15:26 八戸中心街ターミナル②番(八日町)バス停到着 解散

※モビセンのブログfacebookもぜひご覧ください!

2015/04/21

大好評「八戸酒造 酒蔵見学バスパック」見学時間等が変わります

施設の利用料金やお食事などとバス運賃がセットになったバスパックシリーズ。
ごのへ馬肉料理バスパック十和田市現代美術館バスパックと共に人気なのが、
「八戸酒造 酒蔵見学バスパック」です。

八戸市湊町にある八戸酒造の
 ・酒蔵を見学して
 ・試飲ができて(試飲をしない方には特製お猪口のプレゼントがあって!)
 ・さらには屋形船も割引料金で利用できる!
というわくわくなパック。

5月1日から、見学の時間や屋形船を割引利用できる時間に変更がありますので、ご注意ください!

***********************************
◆セット内容
 酒蔵見学&試飲 + 市営バス往復乗車券のセット

◆見学時間(1日2回)
 ①10:30~11:30  ②14:30~15:30
 ※見学時間の5分前までに酒蔵にお越しください。
◆開催日
 月~金(祝日含む)
 ※お盆時期(8/13~16)、年末年始(12/28~1/5)は休み
◆屋形船の出航予定時刻(遊覧料金割引対象の時間)
 月・木 の 13:30~
◆料 金
 800円 ※20歳以上の方に限ります。
◆販売場所
 八戸ポータルミュージアムはっち、はちのへ総合観光プラザ、旭ヶ丘営業所、八戸中心街ターミナルモビリティセンター、市内ホテル 計10ヶ所
**********************************

現在配布されているチラシやポスターは差替えを行いますが、
すでにチラシをお持ちの方がいらっしゃれば、ぜひチケット購入のときにでも確認いただければと思います。

今年は例年より早く桜のシーズンを迎えました。
これからいよいよお出かけが楽しい時期になりますね。
家族連れでのおでかけにも最適なバスパック、ぜひご活用ください!

2015/02/03

八戸発!青森屋日帰り温泉バスパック体験会開催!!

これまでも好評をいただいている「バスパック体験会シリーズ」。
今回は、バスパックシリーズの新しい仲間「(青森屋)日帰り温泉バスパック」を使って
温泉の他にもほっき丼やお買い物など、三沢を満喫できる企画となっています。
ぜひこの機会に、楽しみながらバスパックを体験してみてください!
※当日はモビセンスタッフがアテンドしますので、バスに不慣れな方も安心してご参加いただけます。

*******************************************************
『三沢空港連絡バスで行く!!日帰り温泉バスパック』
~今が旬の三沢のほっきや青森屋(星野リゾート)の温泉を満喫する体験会!~

【開催日】2月19日(木)
  ※申込締切:2月17日(火)15:00
  ※申込み先:電話またはモビセン窓口で受付けています。(Tel:0178-20-9150)
【料 金】4,500円
  ※バスパック代3,200円、昼食代1,200円、みーばす運賃100円
【対 象】大人(20歳以上)
【定 員】20名
  ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
【行 程】(詳細はチラシをご確認ください)
①9:50 モビセン集合
②11:00 スカイプラザお買い物
③11:40 すし処「魚らく」で昼食(ほっき丼 または 三沢チラシ丼)
④13:15 星野リゾート青森屋入浴
⑤16:10 八日町到着・解散
******************************************************

星野リゾート青森屋「日帰りバスパック」は3月31日(火)までの販売です。
あたたかい温泉が身体に染みわたるこの冬に
ぜひご利用ください。
詳細はコチラ

2014/11/12

八戸酒造「酒蔵見学バスパック」販売記念体験会!屋形船にも!

バスパックに新商品「酒蔵見学バスパック」が加わります!
八戸酒造さんのご協力のもと、酒蔵見学に試飲(試飲されない方にはお猪口)、そして中心街から八戸酒造さんまでの往復バス運賃がセットになったバスパック。
いよいよ11月19日(水)から販売開始となります。

これを記念して、
酒蔵見学・試飲に加え、「屋形船での特別昼食」をおつけした
「酒蔵見学&屋形船体験会」を開催いたします!
「お酒・食事・舟!」が一挙に体験できるモビセン大推薦の企画、
ぜひふるってご参加ください!
(通常運行している路線バスを使っての体験のため、定員を15名とさせていただきます。ぜひお早目にご連絡ください。)

◆日   時:11月19日(水)
◆集   合:モビセン集合(9:30)
◆費   用:3,000円
 ※内訳:バスパック代800円、屋形舟代1,200円、特定定食1,000円
 ※対象は大人の方のみとさせていただきます
◆申込方法:モビセンまでお電話またはお越しください
→0178-20-9150/八戸市三日町14-2
◆当日の行程
①09:30 モビセン集合(体験会の説明・バスパックの購入)
②09:58 中心街ターミナル2番のりば(八日町)からバスに乗車
③10:08 小中野バス停着
④10:30 八戸酒造 酒蔵見学(ガイド付き&試飲あり)
⑤11:30 自由時間(八戸酒造でのお買い物など)
⑥12:00 屋形船乗船&見学会特製定食(うにご飯・いか刺し・豚汁)
⑦12:45 屋形船下船
⑧13:13 小中野バス停乗車
⑨13:25 中心街ターミナル4番のりば(朔日町)バス停着、解散
      ※途中下車可能

1 / 41234

ページの先頭へ戻る

文字サイズ変更
fontS
fontM
fontL